C-Taxconductor 会計事務所向け連結納税ソフト

C-Taxの特徴

連結納税ソフトのパイオニア

C-Taxconductorは連結納税制度に対応した国内初の連結納税ソフトです。日本で連結納税制度が導入された2003年にサービスを開始し、これまでに6,000社以上の企業に導入されてきました。洗練されたソフトと熟練のコンサルタントが、スムーズな導入と運用を実現します。

日立製作所との共同開発

弊社パートナーズ・グループは、日立製作所と共にC-Taxconductorの開発に取り組んできました。日立製作所のソフトウェア開発技術を活かし、連結納税の運用で長年蓄えたパートナーズのノウハウをお客様へ提供いたします。

過年度修正に完全対応

2003年以降、毎年の税制改正に合わせて計算ロジック、別表等を更新しています。最新の年度だけでなく、過年度の税制にも対応しているため、修正申告等も問題なく行えます。修正申告等により過去のデータを修正した場合は、最新期までの期首残高データを自動で計算して修正します。

充実した税効果会計機能

連結納税下の繰延税金資産の回収可能性計算から、連単差額の計上までをサポートします。法人税・事業税・住民税別の回収可能性計算を自動処理でき、管理帳票を利用した各法人の仕訳計上・起票の支援も可能です。
*税効果会計機能はオプション機能です。

独自開発の業務チェックリストを提供

C-Taxconductorの入力チェックとしてパートナーズの連結納税開始当初からのノウハウを詰め込んだチェックリストをご用意しました。初めての連結納税制度の申告業務でも、C-Taxconductorとチェックリストを合わせて使っていただくことで安心して作業を完了できます。

パートナーズにしかできない業務サポート

C-Taxconductorの仕様設計に関与している弊社スタッフは、ソフトを熟知しているだけでなく、税務知識も備えております。サービスの導入を支援することはもちろん、税制改正に伴う連結納税ソフト改変の解説、連結納税業務運用の研修、ヘルプデスクによるフォロー対応など、豊富なサポートメニューで実務のすべてをフォローいたします。

年間200,000円でご利用可能

運用サポートも含め、年間一律200,000円からご利用が可能です。
また、追加料金でご利用いただける豊富なオプションサービスもご用意しております。お客様の状況に応じて必要なサービスを必要な時に選択できます。